顔のかゆみ どうしてそうなる?

お風呂上りに急に顔がかゆくなった
目の周りや口の周り、おでこなど部分的にかゆくなった
いつも使ってる化粧水なのにかゆくなる

 

このような症状がでるとき、肌が乾燥している、またはもともと乾燥肌体質ということはないでしょうか。

 

肌が乾燥している状態というのは、皮膚のバリア機能が破壊されている状態です。

 

バリア機能が弱まると水分が逃げやすくなり、より乾燥します。
さらに外からの刺激やアレルギー物質、ばい菌などが侵入しやすくなって、炎症がおこります。

 

この炎症が、かゆみのモトです。

保湿してもかゆみが止まらないワナ

かゆみの原因は肌の炎症
炎症の原因はバリア機能の低下
バリア機能低下の原因は肌の乾燥

 

つまり、もともとは乾燥がかゆみの原因なのです。
しっかり保湿して、バリアを元に戻してあげれば、かゆみは止まります。

 

「でも、しっかり保湿してる、なのに治らない」
という声が聞こえてきそうですが、それは当たり前のこと。

 

バリアが壊れている肌にとっては
いつもの化粧水もクリームも刺激でしかないからです。

 

ではどうすれば?

【弱った肌にバリア膜をつくる】ディセンシアつつむ

バリア機能が弱っているのなら、その代わりになるバリア膜を作ってしまおう。
その間に壊れたバリア機能が復活できるようサポートしよう。

 

これが「ディセンシアつつむ」の特徴です。

 

バリア膜を肌の上に作ることで、外からの刺激をブロックし、かゆみのモトとなる炎症を抑えます。
それと同時に、水分を逃がさないようにすることで、肌の乾燥も防いでくれます。

 

 

 

このグラフは、ディセンシアのクリームの働きを比べたものです。
グラフにある白色ワセリンは、保湿力が高く、それでいて低刺激ということもあって、
お世話になったことがあるという人も少なくないでしょう。

 

ディセンシアのクリームは、このワセリンより水分が蒸散するのを防ぎ、炎症を抑える働きが高いことが、検証結果によって証明されています。

 

こういったケアを続けることで、肌の乾燥と炎症を抑えることができれば、
自前のバリア機能を強化することになり、炎症、かゆみがおきにくい状態に向かうことになるんですね。